宅建【民法を制するものは宅建を制する】は本当か?

宅建【民法を制するものは宅建を制する】は本当か?

【民法を制するものは宅建を制する】とよく言われますが・・・

 

本当です!

 

 

宅建の勉強の仕方は間違っている人が多い。
一番ひねられやすい権利関係を
理解ではなく暗記で勉強したつもりになってしまうから。

 

暗記で民法は解けない。
理解しないといけない。

 

しかし、ほとんどの宅建教材
相変わらず項目別の配分を変えていない。

 

私に言わせてもらえば、権利関係全体の半分
占めていいと思う。そのくらい重要だ。

 

権利関係で半分落とすことは珍しくない。
それくらいひねられる。
そして半分落とすことになったら合格は危うい。

 

事実、不合格になった人の殆どが民法権利関係でやられている。

宅建業法法令上の制限などは、
覚えてしまえばまず高得点が期待できる。

 

 

問題は民法だけなのだ。

 

 

それが分かっていながら、なかなかものにならない理由は、
教材が解りづらいから。

 

兎にも角にも、完全に理解するしかない。

 

何度も失敗している人こそ、一から民法を理解しなおすべき。
民法をマスターできずに宅建に勝つことは難しい。

 

民法の理解をさせることのできる教材が
良い教材と言えるだろう。

 

民法を制するものは宅建を制する。

page top