宅建にどうしても独学で挑戦したいなら

宅建にどうしても独学で挑戦したいなら

独学で宅建合格を狙うなら”自分のやる気”はもとより
選ぶ教材如何でも大きく差が出てしまう結果となります。

 

学校や通信講座の教材は、解り易く、
出題されやすいポイントを抑えて制作されていますが、

 

独学では市販されている参考書等になります。

 

宅建は人気がある資格ですから書店にも宅建の参考書は沢山あります。
どれを選んでいいのか迷ってしまうほどです。

 

良い参考書もあれば悪い参考書もあるでしょう。

 

もし悪い(理解しづらい)参考書で勉強を続けても
結局理解できずに流し読むだけになってしまうでしょう。

 

それでは模擬試験での得点も伸びないでしょうし
全くモチベーションも続きません。

 

 

宅建の必要勉強時間は200時間とも言われています。

 

1日2時間の勉強を100日。約3ヶ月になりますね。
結構大変ですよ、毎日2時間の勉強を3ヶ月は。

 

この200時間というのは一般論であり、
確実に合格レベルまで持っていくための必要時間です。

 

確実な合格レベルというのは50問中45問にもなるでしょう。

 

実際には40点を確実に取れる勉強が出来れば上出来です。
なんらかのミスやトラブルがあったとしても36点は取れるでしょう。

 

宅建の広い出題範囲すべてを網羅することは不可能に近いです。
どれかは”捨てなくてはなりません”。

 

その”捨てる”項目をちゃんと示してくれるのが
この宅建教材なんです。

 

どうしても”独学”に拘るのなら・・

 

私はこの宅建教材を強く推します。

page top